「八ッ場ダム住民監査請求」 04・9・12報告大集会

2004年9月30日 14時14分 | カテゴリー: ◇活動報告, 環境

意味のないダムに巨額の税金NO!都民2千名が監査請求

日時:9月12日 13:30〜16:30/会場:新宿住友ホール
講演:田中康夫長野県知事) 
報告:坂井優、島津暉之、八ッ場ダムの住民監査請求報告
主催:八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会
/資料代1000円

→●9月12日(日)当日は群馬・茨城・埼玉・神奈川・東京都・千葉各県その他から400名の参加がありました。
 
 田中康夫知事は、「計画当初の目的が消え環境を破壊しなおかつ地元業者が潤わないダム建設事業の矛盾点に気づき、政策転換をしてきた。脱ダムは、長野県民にとって実利的な選択であり、未来に向かって付けを廻さない選択である。」と分りやすい資料を提示しながら語られました。
 まさに「税金を使い方」を真剣に考えれば、「脱ダム」になるのは当然のことなのだ、ということが確認できた集会となりました。川原湯温泉の方たちが持参してくれたりんごや、桑の葉入りそばの販売などの交流もありました。
 八ッ場ダムの本工事着工は未着工です。
ぜひ、多くの方が「無駄なダム八ッ場」の工事は中止に」というメッセージを発信していただくよう、お願いします。