(3)多様な意見を集約するためにワークショップ型の検討会について

2017年6月27日 16時31分 | カテゴリー: ◇活動報告

堅苦しくなく、気軽に参加出来ることや、多くの人が発言でき、他の人の意見も聞くことが出来るワークショップ型の開催を求めます。またそこには、第三者であるファシリテーターが入ることで話し合いのルールや、数だけではない民主的なプロセスも大事にしながら意見が整理され、複数回の開催で議論を深めることが期待されます。誰でも参加することが出来、オープンでフラットな場で、市民、専門家、職員も入り、一歩進んだワークショップ型での検討会の開催についての見解を。