(2)「地域の学校サポーター」として地域の人材確保と研修を

2017年7月18日 09時54分 | カテゴリー: ◇活動報告

学校教育も生涯学習の一部であるという観点から、社会教育の公開講座や、公民館等で学ぶ機会を創出するなど、学校を取り巻く現状や課題、子どもの貧困の現状に理解を深めてもらうなど、「学校支援ボランティアサポーター」を増やすための社会課題の共有の機会を提案します。教員資格を持っておられるリタイヤされた方の発掘、マッチングの機会の1つとして研修や、社会教育として公民館の講座などを活用して現状の課題を広く伝え、学校への共通の理解として深めていくことで社会課題に関心を寄せてもらうなど、地域と連携する体制の構築について、市の見解を。