通信「調布・生活者ネットワーク」70号をお届けします

2006年2月26日 12時59分 | カテゴリー: ◇活動報告

 2006年1月31日 発行 ( 10,000部)

【記事内容】
P.1 ■「政策ゼミin調布」開講!おまかせの政治をリセット 〜市民が直接参加して一般質問をつくる〜

P.2 ■12月議会報告 一般質問 学校選択制の導入は検討委員会の答申を尊重すべき          
   ・特別支援教育モデル事業で見えた課題は?
   ・スクールサポーターの増員・養成を
   ・市立中学校の学校選択制は行政責任の放棄では?
   ■市議会議員の期末手当を増額する議案に生活者ネットは反対

P.3 ■*環境 リサイクルのしくみを変えよう、「はがき大作戦」に参加しよう!
  福祉 「障害者自立支援法」成立/ともに社会参加できるまちに
   *連続学習会「私たちの暮らしと憲法」小さな集まりで平和への思いをつむぐ

P.4 ■お知らせ「政策ゼミin調布」に参加しませんか ゼミ生募集! ■コラム「人・まち・風」障がいのある人もない人も互いに教えあって・・生涯学習グループ「イングリッシュメイト」神尾仁太さん
*******************

<05・12議会報告より>
「学校選択制19年度実施は決定ではない」と答弁
◆17年度に急に浮上した「市立中学校の学校選択制、19年度から実施」との調布市教育委員会の方針について、生活者ネットは「疑問あり」の立場で一般質問を行った。◆その結果「19年度実施は決定ではない」、「(現在進行中の)検討委員会の答申に沿って判断する」という答弁を引き出した。引きつづき、検討委員会の審議内容に注目が必要です。